ここは、男たちが本音で風俗体験談を語り合う場所。イイトコもワルイトコも、覗いていけば何かが見えてくる。

風俗嬢を思い切り攻めて満足した

攻められるよりも攻めたいって思っているので、風俗ではマゾの子を指名してとことん攻めるのが自分の趣味でもあるんですよ。この前もそうだったんです。ヘルスに行って良いなって思ったSを思う存分攻めてきました。かなりびしょびしょになってくれていましたけど、それこそ自分にとっての興奮材料ですからね。散々攻めた後、最後に奉仕してもらって抜いてもらうのが自分の風俗での楽しみ方のスタンダードなんですよ。ただ、やっぱり攻めるって事で言えば女の子との相性というか女の子の気質もありますよね。攻めたいって思っている女の子じゃなくて攻められたいって思っている女の子を攻めるのがいいんです。それが何より楽しい事になるんですから。その点ではその日の彼女はかなり良かったです。だってとことん攻められ続けていましたからね。途中で攻守交替を提案してくるでもなく、ただただこちらの攻めをずっと受けていたんです。それが出来る女の子っていうのも実はあまりいないですから。

変身していた風俗嬢

いつも指名しているデリヘル嬢をその日も指名してホテルで待機していたんですよ。待つ事20分といった所ですかね。そこで彼女がやってきたんですけど、それまで彼女はどちらかと言えば清楚系というか、綺麗系お姉さんって雰囲気だったんです。それがいきなりギャルっぽい感じになっていたので驚きました。彼女は彼女と言ってもここまでいきなり変身しているとは思わないじゃないですか。だから自分的にはまったく別の風俗嬢を指名したかのような気持ちになりました(笑)でも、彼女の事は分かっているんですから彼女と楽しめましたよ。いつも通り、信頼感のあるプレイを満喫する事が出来たとは思うんですけど、ただあまりの変身ぶりに驚いたのも事実です。風俗嬢って言っても基本的には女の子ですからね。だからそこでいろいろな事があるんだなってのは分かりますけど、それにしても変わり過ぎですよ(笑)それを突っ込んだら「イメージチェンジしたかって」って笑ってましたが。

風俗嬢との時間は貴重ですよ

風俗嬢との時間は自分にとって何よりも貴重なものなのかもしれません。だってなかなか普段そんな時間を持つ事なんて出来ないですからね。それに、仕事ばかりになってしまうとそんな事を考える余裕もないですから。だからたまに風俗に行った時くらいは何も考えず、それこそ頭を真っ白にして楽しみたいって気持ちなんですよね。だから自分にとってその時間っていうのは本当にとっても貴重なんですよ。女の子からすると、自分はただの多くのお客の一人って感じでしょうけどね(笑)だからあまり抜く事に固執しなくなりました。恋人相手って訳じゃないんですけど、まるでそんな時間を満喫しているかのようで、ただただその空間が好きっていうか、女の子に抜いてもらうとかではなくて、女の子と一緒の空間にいるってだけで結構癒されるものだなってのを実感しています。それって、自分にとって風俗って空間が何よりも貴重なものであるっていう証拠なんじゃないかなって。

風俗で話が盛り上がるとは思わなかった

確かにいろいろな所で風俗嬢とはコミュニケーションが大切って事は言われていますけど、ただ実際に何を話せば良いのかなんて自分には全然分からないっていうか、自分は口下手なので風俗の子とそんなに上手に話せないんですよ。だから女の子がいろいろと気を使ってくれるってケースも多いんですけど、そんな自分だからこそ、まさかあそこまで会話が盛り上がるとは思いませんでした。それは、その子と自分が同じ中学出身だったんですよ。年齢は離れているので被ってはいませんでしたけど、同じ中学って事で知っている先生もいたりとかしましたし、学校の近くのサボりスポットとかも同じだったしでなんだか親近感を覚えたんですよ。だから話がかなり盛り上がりました。そして、盛り上がったおかげで警戒心が解かれたからか、いろいろと言いやすくてとっても楽しいプレイになりました。こうした事が出来るんだなって事で、やっぱり女の子とのコミュニケーションは大切なんだなと。