シェアハウスサイトでの本音

TOP

普段からシェアハウスサイトで思っている疑問や愚痴などを赤裸々に告白!

シェアハウスのサイトを見ていて思うこと

シェアハウスの情報を調べようと思うと、なかなかの数のサイトが該当します。しかし、どこのサイトを見れば良いのかはやはり悩むところです。サイトごとに特色もあれば見やすさもあるでしょう。しかし、私は決まってウェブで調べた時に目立つサイトを見るように心がけています。なぜかというと、検索の結果は情報量の多さで決定しているということが分かっているからです。そうなると、1位と10位ではそもそもの差が存在しているのです。出来るだけ一度に多くの情報を得られる方が良いに越したことはありません。そうなると目立たないサイトを見る意味はないのです。皆さんもシェアハウスを探している際のサイト選びには少し気にかけてみてはいかがでしょうか。また、業界的に東京都エリアでの強さというものが非常に重要となることも多いです。ですので東京の物件情報をより多く所有しているサイトが好ましいでしょう。

シェアハウス良し悪しはピンキリ

シェアハウスも想像やイメージだけならば良い物件はいくらでも存在しています。しかし、シェアハウスを利用することは非常に怖いことであるということを前提に考えるべきです。つまり、シェアハウスは犯罪に遭遇するリスクというものを高めてしまうリスクが非常にあり、利用者の個々のセキュリティ意識は高いものがなければなりません。とはいっても入居者の一部にそのような悪巧みをする人が潜んでいるということではなく、シェアハウスという環境がそういった人を作ってしまうといえるのではないでしょうか。共同生活をしていると、嫌でも人は隙を見せてしまうものです。すると、お財布が無造作に置かれていたり、壁一枚隔たれているだけという非常に不安定な状況が存在してしまいます。そうなると人間心理とういうものは単純に、チャンスとばかりに行動に移ってしまうのです。安いシェアハウスであればそういった予備軍になる人が多そうですが、未然に犯罪を受けるリスクを避けるためにも、安いシェアハウスではなく高めのシェアハウス物権を利用しておいた方が安心なのです。

女性専用ほど安心できないものはない

女性専用の物件を見て皆さんはどう思うでしょうか?正直安心できるはずですよね?しかし、そんな安心感を人は付いてくるのです。女性専用だから男性のような盗みを働く人はいないだろうという考えは甘いです。多くの場合、被害者は女性であり、加害者も女性なのです。仲良くなって交流しやすいのはやはり女性同士です。高価な壷を買わされるようなことはないにしても、人の好意を踏みにじるようなことをしてくるものです。凄く仲の良い友達が出来たと安心しきっていると、その時はやってきます。日に日にお風呂に入りに行くたびにお財布から現金がなくなっているなんてことはよくある話です。シェアハウスですから共同生活の設備て的な面でセキュリティの甘さなどがあり、非常に安心できない環境は常に存在しています。一人暮らしの賃貸であれば、鍵をしっかり閉めていればいいだけです。空き巣が入るくらいなものです。ですが、シェアハウスの場合はそうはいきません。どこからともなく侵入者がくるか分からないのです。逆に、空き巣にとっては共有スペース間の移動があっただけと警察に相談に行きづらいケースも生まれてしまうでしょう。こういった様々な考えの下、シェアハウスをオススメすることは難しい部分もあるのです。出来るだけ家賃は高めの物権を選ぶことが出来れば心配も軽減できるのではないでしょうか。

東京でシェアハウスを見つけるならこちら!

体験談を読んで東京のシェアハウスについての知識を高めましょう。色々な経験談からシェアハウスの予備知識を得て今後の生活に役立ててみてはいかがでしょうか?

その他の情報はカテゴリーをご覧ください。

フリーエリア

カテゴリー